無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁塗装の助成金・補助金の全ガイド【2024年版】条件や申請方法

外壁塗装の助成金や補助金に関する情報を網羅的に紹介します。この記事では、各種助成金の種類や申請条件、受け取り方法などを詳細に解説します。初めて助成金を利用する方や最新の情報を知りたい方はぜひご覧ください。

目次

外壁塗装の助成金・補助金の概要

助成金と補助金の違い

助成金と補助金は、どちらも国や地方自治体から資金面での支援を受ける制度ですが、その仕組みや条件が異なります。

助成金は、一定の要件を満たした事業に対して、その費用の一部を無償で支給される制度です。一方、補助金は、事業を行うための費用の一部を国や地方自治体が負担する制度で、事業者が一定の費用を負担した上で、残りの費用を補助として受け取ることができます。

外壁塗装においては、省エネ性能向上や耐震性強化などの目的を達成するために、助成金や補助金が活用されるケースが多く見られます。ただし、助成金や補助金の対象となる事業や条件は、自治体や制度によって異なるため、事前に確認することが重要です。

全国で利用できる助成金・補助金

全国的に利用できる主な助成金・補助金には、以下のようなものがあります。

* **省エネ住宅改修補助**:住宅の断熱性能や省エネ性能を向上させるための改修工事に対して、費用の一部を補助する制度です。外壁塗装も対象となる場合があります。
* **一般住宅リフォーム助成金**:住宅のリフォーム工事に対して、費用の一部を補助する制度です。外壁塗装も対象となる場合があります。
* **グリーン住宅ポイント制度**:住宅の省エネ性能や環境性能を向上させるための改修工事に対して、ポイントを付与する制度です。外壁塗装も対象となる場合があります。

これらの制度は、国や地方自治体によって、対象となる工事や補助金額、申請方法などが異なります。そのため、外壁塗装を行う前に、それぞれの制度の詳細を調べる必要があります。

外壁塗装に適用される主な助成金制度

省エネ住宅改修補助

省エネ住宅改修補助は、住宅の断熱性能や省エネ性能を向上させるための改修工事に対して、費用の一部を補助する制度です。外壁塗装も、断熱性能向上に貢献する改修工事として、この制度の対象となる場合があります。

具体的には、外壁に断熱材を施工したり、高断熱塗料を使用したりすることで、省エネ性能が向上すると認められれば、補助金の対象となる可能性があります。ただし、補助金の対象となる工事や金額は、自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。

一般住宅リフォーム助成金

一般住宅リフォーム助成金は、住宅のリフォーム工事に対して、費用の一部を補助する制度です。外壁塗装も、住宅のリフォーム工事の一環として、この制度の対象となる場合があります。

具体的には、老朽化した外壁の改修や、外壁の塗り替えによる美観向上などが、補助金の対象となる可能性があります。ただし、補助金の対象となる工事や金額は、自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。

都道府県別の外壁塗装助成金情報

北海道・東北地方の助成金

北海道・東北地方では、省エネ住宅改修補助や一般住宅リフォーム助成金などの制度が、各都道府県で実施されています。

* **北海道**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **青森県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **岩手県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **宮城県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **秋田県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **山形県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **福島県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金

これらの制度の詳細については、各都道府県のホームページで確認することができます。

関東地方の助成金

関東地方では、省エネ住宅改修補助や一般住宅リフォーム助成金などの制度が、各都道府県で実施されています。

* **東京都**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **神奈川県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **埼玉県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **千葉県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **茨城県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **栃木県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金
* **群馬県**:省エネ住宅改修補助、一般住宅リフォーム助成金

これらの制度の詳細については、各都道府県のホームページで確認することができます。

最新の外壁塗装助成金情報の調べ方

公式サイトでの調査方法

最新の外壁塗装助成金情報は、国や地方自治体の公式サイトで確認することができます。

* **国土交通省**:省エネ住宅改修補助、グリーン住宅ポイント制度などの情報
* **各都道府県**:各都道府県独自の助成金制度の情報
* **市町村**:市町村独自の助成金制度の情報

これらの公式サイトでは、助成金の対象となる工事や金額、申請方法などが詳しく掲載されています。

支援制度検索サイトの利用

支援制度検索サイトを利用することで、外壁塗装に適用可能な助成金や補助金情報を効率的に探すことができます。

* **住まいる情報館**:国土交通省が運営する住宅に関する情報サイト
* **e-自治体ポータル**:全国の自治体の情報を検索できるサイト
* **リフォーム産業振興センター**:リフォームに関する情報サイト

これらのサイトでは、キーワード検索や条件設定によって、自分に合った助成金や補助金情報を絞り込むことができます。

事業者に相談する

外壁塗装の専門業者に相談することで、助成金や補助金の申請に関するアドバイスを受けることができます。

* **助成金の対象となる工事かどうか**
* **申請に必要な書類**
* **申請手続きの代行**

専門業者は、助成金や補助金の申請に関する豊富な知識と経験を持っているため、スムーズな申請手続きをサポートしてくれます。

助成金申請の手順と注意点

助成金申請の準備

助成金申請を行う前に、以下の準備が必要です。

* **対象となる助成金制度の確認**:申請しようとする助成金制度が、自分の外壁塗装に適用されるかどうかを確認します。
* **必要な書類の確認**:申請に必要な書類を揃えます。一般的には、工事計画書、見積書、領収書、写真などが求められます。
* **申請資格の確認**:申請資格を満たしているかどうかを確認します。年齢、住所、収入などの条件が設定されている場合があります。

助成金申請の流れ

助成金申請の流れは以下のとおりです。

1. **申請書類の提出**:必要書類を揃えて、申請窓口に提出します。
2. **審査**:提出された書類に基づいて、申請内容が審査されます。
3. **結果通知**:審査結果が通知されます。
4. **助成金の交付**:審査に合格した場合、助成金が交付されます。

申請期間と条件に注意

助成金には、申請期間や条件が設定されている場合があるため、事前に確認が必要です。

* **申請期間**:助成金制度によって、申請期間が定められています。期間内に申請手続きを完了させる必要があります。
* **条件**:助成金を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。例えば、工事内容、工事業者、住宅の築年数などの条件が設定されている場合があります。

外壁塗装の相場費用と省エネリフォーム

外壁塗装の一般的な費用相場

外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類、塗装面積、足場代、工事内容などによって大きく異なります。一般的な費用相場は、以下のとおりです。

* **100㎡あたり**
* **10万円~30万円**(一般的な塗料の場合)
* **30万円~50万円**(高機能塗料の場合)

ただし、これはあくまでも目安であり、実際の費用は、使用する塗料の種類や工事内容によって大きく変動します。

省エネリフォームのメリット

省エネリフォームを行うことで、以下のメリットがあります。

* **光熱費の削減**:断熱性能や省エネ性能を向上させることで、冷暖房費などの光熱費を削減することができます。
* **CO2排出量の削減**:省エネ性能の高い住宅は、CO2排出量を削減することができます。
* **住宅の価値向上**:省エネ性能の高い住宅は、市場価値が高くなる傾向があります。
* **快適な住環境**:断熱性能を向上させることで、夏は涼しく、冬は暖かく、快適な住環境を実現することができます。

助成金と併用可能な他の節約方策

住宅ローン減税の利用

住宅ローン減税は、住宅の購入やリフォームに係る住宅ローン残高に対して、一定の税金控除が受けられる制度です。外壁塗装も、住宅のリフォーム工事として、住宅ローン減税の対象となる場合があります。

住宅ローン減税を利用することで、外壁塗装にかかる費用の一部を税金から控除することができます。

火災保険の適用可能性

火災保険には、風災や雹災などの自然災害による被害に対して、補償が受けられる場合があります。外壁塗装が、これらの自然災害による被害によって損傷した場合、火災保険の適用が受けられる可能性があります。

火災保険の適用を受けるためには、保険会社に申請する必要があります。

相見積もりの重要性

外壁塗装は、高額な工事となるため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。相見積もりを取ることで、適正な価格で工事を行うことができます。

また、相見積もりを取ることで、各業者の技術力やサービス内容を比較することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次