無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

コーキング

窯業系サイディングやALCパネルは現代の住宅では外壁材の選択肢として最もポピュラーなものです。その間の目地隙間にはコーキング材が充填され住宅外壁の重要な役割を担っています。その施工目的やメンテナンス不足による被害の可能性を認識している人は多くないが最も重要な役割を担っています。そのため、シーリング材の役割だけでなく施工の際のポイントについても理解しておく必要があります。

コーキング(シーリング)の役目

窓やキッチン、バスルームなど、水を使う場所や水がかかる場所には充填材やコーキング材と呼ばれるシーリング材が欠かせません。その主な役割は、水の侵入を防ぎ、外壁を振動による損傷から守ることです。家の中では、水の浸入を防ぐために防水性を高めることが重要です。また、外壁は雨が当たることが多い場所なのでシーリング材が重要になります。また、サイディングやALCパネルのつなぎ目には1~2cmの隙間がありこれを目地と呼びますが、この目地もシーリング材を充填し埋めていきます。

目地はどうしてあるの??

寒冷地や炎天下での建材の伸び縮みや地震などの揺れで発生する建物の破損を防ぎます。

現在のサイディングやALCよりも広がりのある製品を構築することは技術的には難しいことではありません。しかし、製品が大きくなればなるほど輸送が大変になりますし、熱や寒さの変動による影響が大きくなると、粉砕(亀裂や割れ)につながる可能性が高くなります。最終的に、そのような問題が発生する可能性があるためサイズが制限されるのです。サイディングやALCは長寿命化のため、寸法が適切であること、伸縮に十分な柔軟性があることが求められます。雨水が浸入すると防水シートが破損する恐れがあるため、施工には目地が必要です。つまり、外装材には目地が必要であり、シーリング材は雨水の浸入を防ぐ役割を果たすのです。

ALCとは

軽量発泡コンクリートの製造には高温で高圧をかける「オートクレーブ処理」が用いられています。不燃性で内部に複数のエアポケットを持つため一般的なコンクリートより軽量です。このコンクリートは住宅の外装に使用されます。

従来、建物の外壁にはモルタルの壁がよく使われていましたが亀裂が入りやすいし工事の手間や費用がかかることから近年では敬遠されてきました。現在では、窓枠のコーキングは必須であり、ひび割れには耐候性の高いシーリング材を使用し、雨水から建物を保護する必要があります。また、塗装との相性が良いシーリング材を選定しなければいけません。

コーキング(シーリング)の種類

コーキング材又はシーリング材の種類を認識することは必要ですがその特徴を見極めることが最も重要です。シーリング材には複数の種類があり、それぞれ特徴が異なるため使用する箇所も異なります。外壁にはウレタン系や変成シリコン系が一般的で塗料を塗布しても密着しますがシリコンのシーリング材は塗装に密着しないので塗装はできません。したがってどのような外壁であっても補修工事を行う前にシーリング材の特性を知っておくことが大切です。

目地について(横目地、縦目地)

建物の外観を見たとき上下または左右どちらかに等間隔で目地があると思います。サイディングの場合、この目地は通常3メートル間隔で見られますが、これはサイディングが上下方向か左右方向かによって異なります。サイディング材の形状は長方形で、短辺と長辺があり、製品の向きによって施工が異なります。

縦張り

縦張りサイディングは長辺が直立し胴縁と継ぎ目が水平に走っているものです。また、外壁面にはインターロッキングの部品がないものもあります。

横張り

逆に横型は、長辺が平らになり胴縁と継ぎ目が垂直に配置されます。

ALCはサイディングよりも幅がスリムで頑丈なパネルでシーリングは縦も横も充填してある。コーキングの施工が必要な箇所が多いのはALC、横張り、縦張りの順番になります。また、サッシ回りにもコーキングが使われているのでメンテナンス時にはコーキングが必要なことを忘れてはいけません。

シーリング材は建物の重要な部分であるため非常に高い耐久性が求められます。構造の主要な部分として機能しているにもかかわらず、他の部分よりも劣化が早く進んでしまうことが多いのです。(シーリング材によっては15年以上の寿命があることもあります)。

建築物の環境や地理にもよりますが充填されたコーキングは、建築後3年で劣化が始まり、長く使用しても7年前後で崩れ始め劣化していきます。状況によってはシーリング材の寿命が外壁塗装よりも短くなりシーリング材の交換が必要になることもあります。シーリング材の補修自体は外壁塗装よりもはるかに経済的ですが仮設足場が必要な場合が多いため費用はかなり高額になります。足場代が余計にかからないように外壁塗装の時に作業してもらうことが望ましいでしょう。

外壁や屋根、シーリング材は紫外線や降水、温度変化などにさらされることで傷んでいきます。外壁や屋根、シーリング材は、紫外線や降雨、気温の変化などにさらされることでダメージを受け、その劣化を最小限に抑えるために特殊な配合がされていますが日光や雨、寒さなどの影響を受けると、その効果は急速に失われていきます。コーキング材には通常「可塑剤」と呼ばれる物質が含まれておりこの物質は布地や床材、バンドなどにも使用されています。時間がたってダメになった輪ゴムをみたことがありますか??あの現象は可塑剤が染み出し、固まり、汚れを吸着してしまうのです。その結果、弾力性が失われ引っ張っても元に戻らなくなってしまうのです。経年劣化したコーキングも同じ状況です。可塑剤がしみ出てくることで、粘着性が増し、汚れ、亀裂が入りやすくなり、弾力性が失われ、最終的に剥離することになります。

可塑剤とは

可塑剤とはゴムやシーラント製品をより柔軟にするために添加される化学成分です。時間の経過とともに、日光、雨、温度変化などの要因で可塑剤が製品から剥離することがありこれを「ブリード」と呼びます。これは変色を引き起こしシーリング材が薄くなることで亀裂や裂け目ができる原因になります。特に外壁に見られる現象でブリードのために汚れをきれいに落とせず外観を損ねてしまいます。これを防ぐために可塑剤を含まないノンブリードタイプのシーリング材を利用しましょう。

コーキングはDIYでも施工できる??

専門業者に依頼しましょう

シーリング工事は既存のシーリングを撤去、養生、プライマーを塗布し、新しいシーリング材を充填することで効果的にコーキング工事を行うことができます。素人が一番難しいのは養生の段階です。凹凸が「激しいサイディングにテープを均一に貼るのは大変。この工程をきちんとこなさないと、きれいに仕上がらず隙間ができてしまうこともあります。

シールを補修するだけでも十分な効果が得られるのでしょうか?

少なからず効果的ではありますが外壁塗装工事と同時に行うことを推奨します。

当然、費用がかかるのでシーリングの補修だけを行うことを選択する人もいます。それでもできればシーリング補修と外壁塗装の両方を行ったほうがよいでしょう。なぜならコーキング工事には足場が不可欠ですしシーリングがむき出しになっていると日差しや雨に弱くなってしまうからです。足場の架設と解体を繰り返すとコストがかかるので可能であれば家の手入れを一度に済ませるのがベストです。

シーリング工事には主に2種類あります。

シーリング打ち替え

既存の材料を取り除いて新しいものを充填する工法。

シーリング増し打ち

すでにあるものの上にシーリングの材料を充填する工法。

既存のシーリング材を交換することが最適ですが場所によっては不可能な場合もあります。例えば、窓枠やサッシのデザインによっては現在のシーリングと入れ替えることができず、窓枠やサッシを傷つけてしまう可能性があります。その結果、窓枠やサッシが破損すると雨漏りが発生する可能性が高くなります。サイディングとサイディングの目地部分は交換するのが一般的ですが、窓枠やサッシを増し打ちすることでより安全性を高めることをお勧めします。

目地は基本的に打ち替えの工法じゃないとダメ??

劣化したコーキング上に新しいコーキング充填すると一緒に剥がれてしまうことがあります。

シーリング材は塗布した直後は柔軟性を保っていますが時間が経つと硬くなり割れや破損を誘発します。そのため、劣化したシーリング材の上にさらにシーリング材を塗っても内側から割れを悪化させ水漏れを起こすだけなので古いシーリング材はすべて取り除いて交換する必要があります。サッシのシーリングは日差しが遮られる部分がかなりあるため目地に比べて傷むことはなく交換することは問題ありません。

外壁塗装と同時に実施する場合コーキングの工程に前後が生じる可能性がございます。

先打ち

外壁塗装の前段階にシーリング工事の実施して 外壁塗装時にはシーリングにも塗装を施します。

メリット

塗装を施すことによって直射日光や雨風からの害を抑えることができ損傷が軽減されます。

デメリット

シーリング材は表面に塗布するペイントに比べてより柔軟で弾力性に優れています。そのため塗料が割れやすく見た目を損なう可能性があります。

後打ち

外壁塗装後にシーリング工事を施工致します。この際にはシーリングには塗装を施しません。

メリット

シーリング材の表面に塗膜がないため塗膜のクラックが発生しない。

デメリット

シーリング材の表面に塗膜がない場合、日光や風雨にさらされることで劣化が早まることが考えられます。

先打ちと後打ちともに長所と短所が存在するため最適な方法を明確に指し示すことは困難です。しかしながら、オートンイクシード等の耐久性の高いシーリング材を使用することが最も優れた選択肢と言えます。

住宅の外壁で最も劣化しやすい箇所はシーリングです。モルタル外壁や金属サイディング外壁を使用している住宅ではそれほど目立ちませんが窓枠周りなどにシーリングが充填されています。窯業系サイディング外壁を持つ住宅では、サイディングボードとボードの継ぎ目にシーリングが充填されており視覚的な点検が可能です。年数が経過するとシーリングが裂けたり割れたりすることがあります。シーリング材には、使用年数が経つと可塑剤が流出し、表面が黒ずんで痩せた状態になります。この可塑剤は、ベタベタしており、染み出てくると埃が付着しやすいため、まさに汚れの温床となります。また、この条件下で、シーリング材には小さなひび割れが生じてきます。こうした現象が見られる場合には、打ち替えをお勧めします。

劣化したシーリング材を取り除くにはカッターで切り込みを入れ手で引っ張り出します。ただし、傷みが激しい場合はシーリング材が崩れ落ちるため手で取り除くことはできません。その場合は、目地の側面に残ったシーリング材をカッターで削り取ります。これを行わないと新しいシーリング剤の接着力が低下する可能性があります。コーキング撤去時にはカッターの刃がすぐに悪くなるため何度も交換しなければなりません。

シーリング材とサイディングの側面を接着させるためにはプライマーを使用することが望ましいです。窯業系サイディングの継ぎ目はワーキングジョイントとして設計されておりある程度動かせるように作られているため側面同士の二面接着で施工していきます。ただし、底面には接着させないようにすることが望ましいです。

シーリング材を充填する場合、側面同士を二面接着とする際には、底面にシーリング材が触れることを避けなければなりません。しかし、そのような器用な方法は簡単ではありません。そのため、シーリングが充填されても底面に接着しないようにするには、バックアップ材などを使用する必要があります。シート状の材料を入れることで、接着を防止することができます。

専用のヘラを使用し密着度を最大限に高めるため空気を中に入れずにシーリング材を押し込んでいきます。この工程は単に均すのではなく押し込みながらシーリング材を均した状態に仕上げるためのものです。また、ヘラを異なる角度で持ち、均一な仕上がりを確保するために押し込んでいきます。一定の硬化が達成されたら養生テープを剥離しますが絶対に完全に硬化させてからではなく半乾き程度で剥がすことが理想的です。そうでないと、養生テープがシーリング材に固着し、綺麗に剥がすことができなくなってしまいます。

ここまででシーリング工事が完了になります。外壁塗装前に施される「先打ち」と外壁塗装後に施される「後打ち」のうち、今回の作業においては外壁塗装が行われるため先打ちが実行されました。尚、シーリングも塗膜に覆われる事となることから後打ちよりも長期間耐久性を維持します。また、別々に作業を行うと足場代が重複することから外壁塗装とシーリングの施工は一括で行うことをお奨めいたします。

コーキング工事についてのまとめ

  • シーリング材は外壁にとって不可欠な存在です。その目的は雨水の浸入を防止することと建物の揺れに合わせた外壁材の損傷を防ぐことです。
  • 「シーリング」と「コーキング」は、建築物の外装補修において同義で、同じ機能を果たします。
  • 壁面の材質や方向性に応じて継ぎ目の位置が異なりますが雨水が侵入しないように、シーリングの工事は極めて重要です。
  • シーリングは日光や降雨などの影響を受けることで劣化が進み耐久性が低い製品ではわずか3年程度で劣化が始まる場合が少なくありません。
  • シーリング補修工事を施工するには足場仮設が必要不可欠でございます。是非ともこの機会に外壁塗装工事も積極的にご推奨させていただく次第でございます。
  • 黒ずんでしまう目地部分は可塑剤がブリード現象を引き起こすためです。美しい外壁を維持するためにはノンブリードタイプのシーリング材を使用することをお勧めします。
  • 外壁塗装においてシーリング材を先に打つか後に打つかによって工程が変わります。それぞれの工法のメリット・デメリットを事前に把握することが重要です。
  • シーリングは外壁材とは別にサッシまわりにも施工されるため住宅のどの部分でも補修が必要になります。正しい定期的なメンテナンスによって外壁からの雨漏りを予防することができます。

施行事例

[st-catgroup html_class=”” cat=”16″ page=”5″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”3,3,2″ slide_date=”off” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=””] [st-catgroup html_class=”” cat=”17″ page=”5″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”3,3,2″ slide_date=”off” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=””] [st-catgroup html_class=”” cat=”14″ page=”5″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”3,3,2″ slide_date=”off” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=””]

Read More

[st-catgroup html_class=”” cat=”0″ page=”5″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”1″ slide_date=”on” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=”text”] [st-catgroup html_class=”” cat=”0″ page=”2″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”off” slides_to_show=”3,3,2″ slide_date=”on” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=””]

Read More

[st-catgroup html_class=”” cat=”0″ page=”5″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”1″ slide_date=”on” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=”text”] [st-catgroup html_class=”” cat=”0″ page=”2″ order=”desc” orderby=”rand” child=”on” slide=”off” slides_to_show=”3,3,2″ slide_date=”on” slide_more=”ReadMore” slide_center=”off” fullsize_type=””]

Read More