無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁塗装が剥がれる原因とその補修方法|費用やDIYも詳しく解説!

外壁塗装が剥がれる問題に悩んでいませんか?この記事では、その原因から補修の方法、そして費用について詳しく解説します。さらに、DIYでの応急処置方法も紹介しています。外壁塗装の維持管理に役立つ情報満載です。

目次

外壁塗装が剥がれる原因

経年劣化による剥がれ

外壁塗装は年月が経つにつれて徐々に劣化し、剥がれることがあります。これは塗料の耐用年数を過ぎると特に顕著になります。塗料は紫外線や雨風などの外的要因によって、徐々に劣化していきます。そのため、どんなに高品質な塗料を使用しても、時間の経過とともに劣化は避けられません。耐用年数は塗料の種類や環境によって異なりますが、一般的には5年から10年程度と言われています。耐用年数を過ぎた外壁塗装は、ひび割れや剥がれが発生しやすくなるため、定期的な塗り替えが重要です。

施工不良による剥がれ

施工不良が原因で塗装が剥がれることもあります。下地処理が不十分だったり、適切な塗料が使用されていなかったりすると、早期に剥がれが発生します。下地処理は、塗装の密着性を高めるために非常に重要な工程です。古い塗膜が残っている場合や、ひび割れや凹凸がある場合は、適切な処理を行わなければ、塗料がしっかりと密着せず、剥がれてしまう可能性があります。また、塗料の種類も下地との相性が重要です。下地に適していない塗料を使用すると、付着力が弱くなり、容易に剥がれてしまうことがあります。施工不良による剥がれは、見た目だけでなく、建物の耐久性にも悪影響を及ぼすため、信頼できる業者に依頼することが大切です。

その他の原因

塗装剥がれの原因には、環境要因(紫外線や雨風)や物理的な衝撃、小さなひび割れが広がることなども含まれます。紫外線は塗料の劣化を促進する主な要因の一つです。特に、日当たりの良い場所に位置する外壁は、紫外線を多く浴びるため、劣化が早まります。雨風も外壁塗装に大きな影響を与えます。雨水は塗膜に浸透し、乾燥するときに塗膜を剥がす原因となります。また、強風は塗膜を傷つけたり、剥がしたりする可能性があります。物理的な衝撃も、塗装剥がれの原因となります。例えば、ボールが当たったり、家具がぶつかったりすることで、塗膜が傷つき、剥がれてしまうことがあります。小さなひび割れも、放置すると徐々に広がり、塗装剥がれにつながる可能性があります。ひび割れは、地震や地盤沈下などの外的要因によって発生することがあります。

塗料の選択ミス

塗料の選択ミスも、剥がれの一因となります。下地に適していない塗料を使用すると、付着力が弱くなり、容易に剥がれてしまうことがあります。外壁塗装には、様々な種類の塗料が販売されています。それぞれの塗料には、特徴や用途が異なります。例えば、アクリル塗料は、価格が安く、施工しやすいというメリットがありますが、耐久性が低いというデメリットがあります。一方、シリコン塗料は、アクリル塗料よりも耐久性が高く、汚れが付きにくいというメリットがあります。しかし、価格が高くなるというデメリットがあります。外壁の素材や環境、予算などを考慮して、適切な塗料を選ぶことが重要です。

剥がれた外壁塗装の補修方法

業者に任せる場合

プロの業者に補修を依頼する場合は、確実に問題を解決するため、信頼できる業者を選ぶことが重要です。外壁塗装の専門業者であれば、剥がれの原因を的確に診断し、適切な補修方法を提案してくれます。また、施工経験豊富な業者であれば、仕上がりの美しさも期待できます。業者を選ぶ際には、実績や評判、保証内容などをしっかりと確認しましょう。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することもおすすめです。

DIY補修の方法

自分で補修する際には、適切な材料と道具を用意し、正しい手順で作業を進めることが必要です。モルタル外壁やシーリング材の補修方法などが代表的なDIY方法です。モルタル外壁の補修は、剥がれた部分を丁寧に削り落とし、モルタルを塗り直す方法です。シーリング材の補修は、古いシーリング材を剥がして、新しいシーリング材を充填する方法です。DIYで補修を行う場合は、事前に必要な知識や技術を習得しておくことが重要です。また、安全に配慮し、無理のない範囲で作業を行うようにしましょう。

応急処置の手順

すぐに業者を呼べない場合、応急処置として小面積の剥がれを補修することができます。この場合、適切な材料と注意深い作業が求められます。剥がれた部分を丁寧に掃除し、接着剤やパテなどを用いて補修します。接着剤やパテは、種類によって乾燥時間が異なりますので、事前に確認しておきましょう。応急処置はあくまでも一時的な対応であり、根本的な解決にはなりません。できるだけ早く専門業者に相談することをおすすめします。

補修費用の目安

補修の種類による費用

外壁塗装の補修費用は、補修の種類や規模によって異なります。一般的には、80万円~150万円程度が相場です。小規模な補修であれば、数万円で済む場合もありますが、大規模な補修となると、数百万円かかることもあります。補修費用は、剥がれの範囲、使用する塗料の種類、足場代などによって変動します。

無料補修の可能性

施工業者の保証が適用される場合、無料で補修を行ってもらえることもあります。契約内容をしっかり確認しましょう。外壁塗装の施工業者によっては、一定期間の保証が付いている場合があります。保証期間内に剥がれが発生した場合、無料で補修してもらえることがあります。保証内容は業者によって異なるため、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

DIYで節約できるコスト

DIYで補修を行う場合、材料費のみで済むため、かなりのコスト削減が見込めます。ただし、専門的な知識と技術が必要となるので、無理は禁物です。DIYで補修を行う場合は、事前に必要な知識や技術を習得しておくことが重要です。また、安全に配慮し、無理のない範囲で作業を行うようにしましょう。

外壁塗装の剥がれを防ぐための予防策

定期的なメンテナンス

外壁塗装の剥がれを防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要です。定期的に点検を行い、問題があれば早期に対処しましょう。外壁塗装は、紫外線や雨風などの外的要因によって、徐々に劣化していきます。そのため、定期的に点検を行い、ひび割れや剥がれなどの異常がないか確認することが大切です。異常が見つかった場合は、早期に補修を行うことで、剥がれを防止することができます。

高品質の塗料を使用する

塗料の選定は非常に重要です。高品質な塗料を使用することで、剥がれリスクを減少させることができます。外壁塗装には、様々な種類の塗料が販売されています。それぞれの塗料には、耐久性や耐候性、防汚性などの特徴が異なります。高品質な塗料は、耐久性が高く、長期間にわたって美観を保つことができます。

プロに依頼するメリット

信頼できる専門業者に施工を依頼することで、長持ちする美しい外壁を保つことができます。プロによる施工は安心感が違います。外壁塗装は、専門的な知識と技術が必要な作業です。信頼できる専門業者に依頼することで、適切な塗料の選定や施工、アフターケアなど、安心して任せられます。

正しい塗装手順を守る

塗装作業は、下地処理から塗装の間隔まで正しい手順を守ることが大切です。十分な乾燥時間を確保し、丁寧な作業を心がけましょう。下地処理が不十分だったり、乾燥時間を十分に確保しなかったりすると、塗料がしっかりと密着せず、剥がれてしまう可能性があります。

まとめ

外壁塗装の剥がれは、早期に対処することで大きな問題を防ぐことができます。定期的な点検と適切な補修を行い、美しい外観と建物の健康を保ちましょう。DIYやプロに任せる方法、それぞれにメリットがありますが、状況に応じて最善の対策を講じることが大切です。外壁塗装の剥がれは、放置すると建物の耐久性や美観を損なうだけでなく、雨漏りなどの深刻な問題につながる可能性もあります。そのため、早期に適切な対策を講じることが重要です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次