無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁塗装のひび割れ対策と補修方法:原因や費用も詳しく解説

外壁塗装のひび割れは、美観を損ねるだけでなく、建物の寿命にも影響を与えます。本記事では、外壁塗装のひび割れの原因、放置した場合のリスク、補修方法、そして必要な費用について詳しく解説します。自分でできる応急処置方法から、プロに依頼すべきケースまで、包括的にカバーしています。

目次

外壁塗装にひび割れが発生する原因

経年劣化によるひび割れ

外壁塗装は年数が経過するにつれて劣化し、ひび割れが発生することがあります。これは避けられないものの、定期的なメンテナンスで対策が可能です。外壁塗装は紫外線や雨風、気温の変化などに常にさらされており、時間の経過とともに塗膜が劣化していきます。塗膜が劣化すると、外壁材を保護する力が弱まり、ひび割れが発生しやすくなります。特に、塗膜の厚みが薄くなったり、塗料の成分が劣化したりすると、ひび割れが発生しやすくなります。また、外壁材そのものの劣化もひび割れの原因となります。外壁材は、経年劣化によって強度が低下し、ひび割れが発生しやすくなります。外壁材の種類や素材によっても劣化の速度は異なります。例えば、モルタル外壁は、セメントの成分が劣化することでひび割れが発生しやすくなります。一方、サイディングボードは、素材の劣化よりも、施工不良によるひび割れが発生しやすい傾向があります。

施工不良が引き起こすひび割れ

外壁塗装時の施工不良がひび割れの原因となることがあります。具体的には塗料の塗布量や乾燥時間の管理が不十分な場合に発生します。外壁塗装では、塗料の塗布量や乾燥時間などを適切に管理することが重要です。塗布量が不足していると、塗膜が薄くなり、ひび割れが発生しやすくなります。また、乾燥時間が短いと、塗膜が完全に硬化する前に次の工程に移ってしまうため、ひび割れが発生しやすくなります。さらに、下地処理が不十分な場合も、ひび割れの原因となります。下地処理とは、外壁の表面をきれいに清掃し、凹凸を平らにする作業です。下地処理が不十分な場合、塗料が外壁に密着せず、ひび割れが発生しやすくなります。

外部要因によるひび割れ

地震や大きな車両の振動など、外部からの力が加わることで外壁にひび割れが生じることがあります。特に地震が頻発する地域では注意が必要です。地震や車両の振動などの外部からの力が加わると、外壁に大きな負担がかかり、ひび割れが発生することがあります。特に、地震が頻発する地域では、地震による揺れによって外壁にひび割れが発生するリスクが高くなります。また、台風などの強風によっても、外壁に大きな力が加わり、ひび割れが発生することがあります。さらに、土砂崩れや地盤沈下などによっても、外壁にひび割れが発生することがあります。

放置は危険!ひび割れによるリスク

建物内部への水分侵入

ひび割れを放置すると、雨水が建物内部に侵入し、腐食やカビの発生を引き起こすことがあります。結果として建物全体の劣化を加速させることになります。外壁のひび割れは、雨水が建物内部に侵入する経路となります。雨水が建物内部に侵入すると、木材や鉄骨などの建材を腐食させたり、カビや藻が発生したりする原因となります。腐食やカビの発生は、建物の構造強度を低下させ、建物の寿命を縮める原因となります。また、雨水が侵入することで、室内の湿気も高くなり、健康被害を引き起こす可能性もあります。

構造体の劣化

ひび割れから進行することで、建物の構造体そのものが劣化するリスクが高まります。これは補修コストの増大を招くため、早めの対応が重要です。ひび割れが進行すると、外壁の内部構造まで影響し、建物の構造体そのものが劣化していく可能性があります。構造体の劣化は、建物の倒壊や崩壊につながる危険性があり、非常に深刻な問題です。また、構造体の劣化は、補修費用が大幅に高くなる原因となります。ひび割れを放置することで、補修費用が膨大になるだけでなく、建物の安全性が脅かされる可能性もあるため、早めの対応が重要です。

断熱性能の低下

ひび割れを経由して外気が建物内部に直接侵入することで、断熱性能が低下し、冷暖房効率も悪化する可能性があります。外壁のひび割れは、外気と建物内部の間に隙間を作り、断熱性能を低下させる原因となります。断熱性能が低下すると、冷暖房効率が悪化し、エネルギー消費量が増加します。また、室内の温度差が大きくなり、快適性が損なわれることもあります。さらに、結露が発生しやすくなるため、カビやダニの発生にもつながる可能性があります。

ひび割れの種類とそれぞれの補修方法

ヘアークラックの補修方法

ヘアークラックとは、外壁表面に細かく入る細いひび割れのことです。通常、コーキング剤を用いて簡単に補修することが可能です。ヘアークラックは、外壁の表面に発生する細いひび割れで、深さは浅く、構造的な問題とは関係ありません。ヘアークラックは、コーキング剤を用いて簡単に補修することができます。コーキング剤は、ひび割れに充填することで、雨水や外気の侵入を防ぎます。ヘアークラックの補修は、DIYでも比較的簡単にできますが、専門業者に依頼することで、より綺麗に、より長持ちする補修を行うことができます。

構造クラックの補修方法

構造クラックは、外壁の内部構造までひび割れている状態です。専門業者による補修が必要で、場合によっては大規模な工事が必要になることもあります。構造クラックは、外壁の内部構造まで達しているひび割れで、強度が低下している可能性があります。構造クラックは、専門業者による補修が必要です。補修方法としては、ひび割れ部分を切断し、補強材を埋め込む方法や、外壁全体を補強する方法などがあります。構造クラックの補修は、専門知識と技術が必要なため、DIYでは行わないようにしましょう。

乾燥クラックの補修方法

乾燥クラックは、乾燥によって外壁材が収縮し、ひび割れが発生するものです。簡単な表面補修で対応可能な場合もありますが、深刻な場合は専門業者に依頼する方が良いでしょう。乾燥クラックは、外壁材が乾燥することで発生するひび割れです。乾燥クラックは、比較的浅いひび割れであることが多いですが、放置すると、構造クラックに発展する可能性があります。乾燥クラックの補修は、ひび割れにコーキング剤を充填したり、外壁材を貼り直したりする方法があります。乾燥クラックの補修は、DIYでも行うことができますが、専門業者に依頼することで、より適切な補修を行うことができます。

プロに依頼する場合の費用とポイント

ひび割れ補修の費用相場

ひび割れの補修費用は、それぞれのひび割れの種類や補修方法によって異なります。簡単な表面補修なら数万円程度から、構造クラックの修理なら数十万円に及ぶこともあります。ひび割れの補修費用は、ひび割れの大きさや深さ、場所、補修方法によって大きく異なります。簡単な表面補修であれば、数万円程度で済む場合もありますが、構造クラックの修理など、大規模な補修が必要な場合は、数十万円から数百万円かかることもあります。また、補修を行う業者の規模や技術力によっても費用は異なります。

信頼できる業者の選び方

補修を依頼する業者は、資格や実績、口コミなどを確認することが重要です。見積もりを依頼して、施工内容や保証についても充分に説明を受けるようにしましょう。外壁塗装のひび割れ補修は、専門的な知識と技術が必要なため、信頼できる業者に依頼することが重要です。業者を選ぶ際には、以下の点を参考にしましょう。

* 資格:外壁塗装の資格を持っているか
* 実績:これまでどのような実績があるか
* 口コミ:過去の顧客からの評判はどうか
* 見積もり:見積もりは明確で、分かりやすい内容か
* 施工内容:施工内容について詳しく説明してくれるか
* 保証:保証期間はどのくらいか

複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。

保険や保証制度の活用

ひび割れ補修には保険や保証制度が利用できる場合があります。特に火災保険などでは、地震や風水害によるひび割れが補償対象となることもありますので、活用を検討しましょう。外壁塗装のひび割れ補修には、火災保険や地震保険などの保険が適用される場合があります。保険の適用範囲は、保険会社によって異なりますので、事前に確認が必要です。また、外壁塗装業者によっては、自社の保証制度を設けている場合もあります。保証制度の内容は、業者によって異なりますので、事前に確認しましょう。

まとめ

外壁塗装のひび割れは、放置すると思わぬリスクを抱えることになります。早めの対応と定期的なメンテナンスが建物の寿命を延ばすポイントです。補修が必要な場合は、信頼できる専門業者に相談し、適切な対応を心がけましょう。外壁塗装のひび割れは、放置すると、建物内部への水分侵入、構造体の劣化、断熱性能の低下など、様々なリスクを引き起こします。早めの対応と定期的なメンテナンスが、建物の寿命を延ばすポイントです。ひび割れを発見したら、放置せずに、専門業者に相談し、適切な補修を行いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次