無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

防水工事業者を選ぶ際のポイントと注意点

屋根や外壁の防水は建物の長寿命化に不可欠です。しかし、適切な防水工事を行うためには信頼できる業者選びが重要です。本記事では、防水工事業者を選ぶポイントや注意点について詳しく解説します。

目次

防水工事業者の種類

防水工事専門業者

防水工事専門業者は、防水工事に特化した知識と技術を持っています。施工の正確性や品質が高く、長期的な防水性能を保証します。専門業者ならではの技術力と経験を生かし、建物の構造や素材に最適な防水工法を提案し、施工を行います。また、防水工事に関する幅広い知識を持っているため、お客様のニーズに合わせた適切なアドバイスや提案を受けることができます。例えば、建物の構造や素材、周辺環境などを考慮した上で、最適な防水材や工法を選択し、施工を行います。さらに、防水工事後のメンテナンスや修理についても、専門的な知識に基づいた適切なアドバイスを提供することができます。

大手リフォーム会社

大手リフォーム会社は、多様な工事に対応しており、包括的なサポートを提供します。キッチンや浴室のリフォーム、外壁塗装など、幅広いニーズに対応できる点が強みです。しかし、防水工事は専門性の高い分野であり、大手リフォーム会社では、専門知識や技術が不足している場合もあります。そのため、防水工事に関しては、専門業者に依頼する方が安心です。大手リフォーム会社に依頼する場合は、防水工事の専門性を有しているか、実績や評判などを事前に確認することが重要です。また、防水工事に関する専門的な知識を持っている担当者としっかりとコミュニケーションを取り、不安な点は解消しておくことが大切です。

塗装専門店

塗装専門店も防水工事を請け負うことがありますが、一般的には防水工事専門業者よりも経験が少ない場合が多いです。塗装専門店は、主に外壁や屋根の塗装を専門としており、防水工事はあくまでも付随的な業務として扱っているケースが多いです。そのため、防水工事の専門知識や技術が不足している可能性があります。また、防水工事に関する実績も少ないため、施工品質や耐久性について不安が残る場合があります。塗装専門店に防水工事を依頼する場合は、防水工事の専門性を有しているか、実績や評判などを事前に確認することが重要です。

防水工事業者の選び方

施工実績の確認

過去の施工実績を確認することで、業者の信頼性や技術力を判断できます。多くの実績がある業者は、それだけ多くの経験を積んでいると考えられます。施工実績は、ホームページやパンフレット、口コミなどで確認することができます。具体的な施工事例やお客様の声などを参考に、業者の技術力や信頼性を判断しましょう。また、実際に施工された物件を見学させてもらうことも有効です。施工された物件を見学することで、業者の施工品質や仕上がりを確認することができます。

自社施工の有無

自社施工を行っている業者は、施工管理がしっかりとしており、品質に対する責任感も高いです。下請け業者に任せるケースでは、施工品質や納期、トラブル発生時の対応など、様々な問題が発生する可能性があります。自社施工であれば、責任を持って施工を行い、万が一トラブルが発生した場合でも、迅速に対応することができます。そのため、自社施工を行っている業者を選ぶことがおすすめです。ただし、自社施工の場合でも、施工担当者の経験や技術力によって品質が大きく左右されるため、施工担当者の実績や評判なども確認しておくことが重要です。

保証体制の確認

施工後のアフターフォローや保証内容を確認しましょう。長期保証がある業者は、施工後のトラブルにも対応してくれるため安心です。保証期間や保証内容、保証範囲などを事前に確認し、納得のいく内容であることを確認しましょう。また、保証期間が過ぎた後も、メンテナンスや修理に対応してくれる業者を選ぶことが重要です。特に、防水工事は、長期間にわたって効果を発揮する工事であるため、施工後のメンテナンスや修理が重要となります。

防水工事事例の紹介

通気緩衝工法

通気緩衝工法は、屋根防水でよく使用される工法です。通気緩衝層を設けることで、屋根裏の湿気を逃がし、内部の腐食を防ぐ効果があります。通気緩衝層は、空気層と断熱材で構成され、屋根裏の温度や湿度を適切に保ちます。通気緩衝工法は、屋根の寿命を延ばす効果も期待できます。通気緩衝層を設けることで、屋根材の劣化を抑制し、長期間にわたって防水性能を維持することができます。

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水は、柔軟性があり、細かな部分にも施工しやすい工法です。耐久性も高く、幅広い場所で使用されています。ウレタン塗膜防水は、液状のウレタン樹脂を塗布して防水層を形成する工法です。柔軟性が高いため、複雑な形状の屋根や壁にも施工することができます。また、防水層が一体化するため、継ぎ目や隙間ができにくく、高い防水性能を発揮します。さらに、ウレタン塗膜防水は、遮熱効果も期待できます。ウレタン樹脂は、太陽光を反射する効果があり、屋根や壁の温度上昇を抑えることができます。

アスファルト防水

アスファルト防水は、耐久性が高く、長期間にわたり防水性能を維持します。しかし、施工に時間がかかる場合があります。アスファルト防水は、アスファルトを熱して溶かし、シート状に加工したものを屋根や壁に貼り付ける工法です。耐久性が高く、長期間にわたって防水性能を維持することができます。しかし、施工に時間がかかるため、工期が長くなる場合があります。また、アスファルト防水は、熱による劣化が起こりやすいというデメリットもあります。そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。

防水工事業者に依頼するメリットとデメリット

メリット:専門技術の提供

防水工事業者は、防水に特化した技術と知識を持っており、高品質な施工が期待できます。施工の確実性が高く、長期的な防水効果が見込めます。防水工事は、専門的な知識と技術が必要な工事です。専門業者に依頼することで、適切な防水材や工法を選択し、施工を行うことができます。また、施工後のメンテナンスや修理についても、専門的な知識に基づいた適切なアドバイスを受けることができます。

メリット:適正価格

専門業者は防水工事の適正価格を知っており、価格に見合った施工を行ってくれます。中間マージンが発生しないため、費用対効果が高いです。防水工事は、専門的な知識が必要なため、価格がわかりにくい場合があります。しかし、専門業者であれば、適正な価格で施工を行うことができます。また、中間マージンが発生しないため、費用対効果が高いです。

デメリット:業者の数が少ない

防水工事専門業者は数が限られているため、信頼できる業者を見つけるのに時間がかかることがあります。信頼できる業者を見つけるためには、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。また、施工実績や評判などを参考に、業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

信頼できる防水工事業者を選ぶためには、施工実績や保証体制、自社施工の有無などを確認することが重要です。適切な業者選びで、建物の長寿命化を図りましょう。防水工事は、建物を雨水や湿気から守る重要な工事です。適切な業者を選んで、安心して施工を行いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次