無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

屋根塗装の相場とは?費用の目安を詳しく解説【2023年版】

屋根塗装を検討している方々にとって、その費用は非常に重要なポイントです。本記事では、屋根塗装の相場や費用の目安について詳しく解説します。

目次

屋根塗装の費用相場とは?

平均的な屋根塗装費用の目安

屋根塗装の費用は約40万円から60万円が一般的です。ただし、使用する塗料や屋根の状態によって価格は変動します。

費用の内訳と各項目の平均価格

塗料代(20%)、工事費(30%)、足場代(20%)、その他(30%)など、各項目の平均費用を詳しく見ていきましょう。

塗料代は、使用する塗料の種類や品質によって大きく異なります。高品質な塗料ほど耐久性が高く、長持ちしますが、価格も高くなります。

工事費は、屋根の面積や形状、施工内容によって変動します。複雑な形状の屋根や、特殊な施工が必要な場合は、費用が高くなる傾向があります。

足場代は、屋根の高さや形状によって異なります。高層マンションなどの高層建築物では、足場代が高くなる傾向があります。

その他費用には、諸経費や処分費用などが含まれます。処分費用は、古い塗膜や廃材の処分費用です。

これらの費用は、業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取って比較することが重要です。

屋根塗装の見積り事例

具体的な見積書をもとに、費用の内訳や注意点を解説します。

例えば、築20年のスレート屋根の塗装の場合、以下の様な見積書が考えられます。

## 屋根塗装の見積書例

| 項目 | 内容 | 単価 | 数量 | 金額 |
|—|—|—|—|—|
| 塗料代 | シリコン系塗料 | 10,000円/㎡ | 50㎡ | 500,000円 |
| 工事費 | 塗装工事 | 5,000円/㎡ | 50㎡ | 250,000円 |
| 足場代 | 足場設置・撤去 | 200,000円 | 1式 | 200,000円 |
| その他 | 高圧洗浄、ケレン作業、養生など | 100,000円 | 1式 | 100,000円 |
| **合計** | | | | **1,050,000円** |

この見積書では、シリコン系塗料を使用し、屋根面積が50㎡の場合、総額105万円となっています。

見積書には、塗料の種類、施工内容、足場代、その他費用などが明記されているので、しっかりと確認しましょう。

特に、塗料の種類や品質、施工内容については、業者に詳しく説明してもらい、納得いくまで質問することが重要です。

費用が変動する要因とは?

屋根材による費用の違い

スレート屋根やトタン屋根、セメント瓦など、屋根材ごとに塗装費用が異なります。

## 屋根材別の塗装費用相場

| 屋根材 | 塗装費用相場 |
|—|—|
| スレート屋根 | 40万円~60万円 |
| トタン屋根 | 30万円~50万円 |
| セメント瓦 | 50万円~70万円 |
| 金属屋根 | 60万円~80万円 |

スレート屋根は、比較的安価な屋根材ですが、経年劣化によってひび割れや剥がれが発生しやすいため、塗装費用が高くなる場合があります。

トタン屋根は、スレート屋根よりも耐久性が高いですが、サビが発生しやすいというデメリットがあります。サビの発生状況によっては、塗装費用が高くなる場合があります。

セメント瓦は、耐久性が高く、高級感のある屋根材です。しかし、重量が重いため、足場代が高くなる場合があります。

金属屋根は、軽量で耐久性が高い屋根材ですが、価格が高いため、塗装費用も高くなる傾向があります。

屋根材の種類によって、塗装費用が大きく異なるため、事前に確認することが重要です。

塗料の種類の違い

シリコン塗料、フッ素系塗料、無機塗料など、それぞれの塗料の特長と費用について解説します。

## 塗料の種類別の塗装費用相場

| 塗料の種類 | 特長 | 塗装費用相場 |
|—|—|—|
| シリコン塗料 | 耐久性、耐候性、防汚性に優れている | 5,000円~8,000円/㎡ |
| フッ素系塗料 | シリコン塗料よりもさらに耐久性、耐候性、防汚性に優れている | 8,000円~12,000円/㎡ |
| 無機塗料 | 耐久性、耐候性に優れ、遮熱効果もある | 10,000円~15,000円/㎡ |

シリコン塗料は、一般的な塗料で、耐久性、耐候性、防汚性に優れています。価格も比較的安価です。

フッ素系塗料は、シリコン塗料よりもさらに耐久性、耐候性、防汚性に優れており、高品質な塗料です。価格も高くなります。

無機塗料は、耐久性、耐候性に優れ、遮熱効果もあるため、近年注目されています。価格も高めです。

塗料の種類によって、耐久性や性能が大きく異なるため、ご自身のニーズに合わせて適切な塗料を選びましょう。

屋根の面積・勾配が与える影響

屋根の広さや角度によって費用が変わるポイントを解説します。

屋根の面積が広いほど、塗料代や工事費が高くなります。また、屋根の勾配が急なほど、足場代が高くなる傾向があります。

## 屋根面積と勾配による費用の目安

| 屋根面積 | 勾配 | 費用目安 |
|—|—|—|
| 50㎡以下 | 1/3以下 | 40万円~60万円 |
| 50㎡~100㎡ | 1/3~1/2 | 60万円~90万円 |
| 100㎡以上 | 1/2以上 | 90万円~120万円 |

上記はあくまでも目安であり、実際の費用は、屋根材の種類、塗料の種類、施工内容などによって異なります。

屋根塗装で行う具体的な作業

足場設置の相場

足場の設置は通常20万円前後が相場です。これを怠ると施工の質に影響します。

足場は、屋根に安全に作業を行うために必要不可欠です。足場を設置することで、作業員は安全に屋根にアクセスでき、高品質な塗装を行うことができます。

足場代は、屋根の高さや形状によって異なります。高層マンションなどの高層建築物では、足場代が高くなる傾向があります。

足場を設置しない場合は、作業員が屋根に直接昇降することになり、安全性が確保できません。また、作業効率も悪くなり、塗装の品質にも影響がでる可能性があります。

そのため、足場設置は、屋根塗装を行う上で非常に重要な作業です。

高圧洗浄の重要性

高圧洗浄によって、古い塗膜や汚れをしっかりと除去します。費用は2万円から5万円程度です。

高圧洗浄は、屋根塗装を行う前に必ず行うべき作業です。高圧洗浄によって、古い塗膜や汚れ、カビ、コケなどをしっかりと除去することで、新しい塗料がしっかりと密着し、塗装の耐久性を高めることができます。

高圧洗浄を行わないと、古い塗膜や汚れが残り、新しい塗料が剥がれやすくなる可能性があります。また、カビやコケなどが残ると、見た目が悪くなるだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

高圧洗浄は、屋根塗装の品質を高めるために非常に重要な作業です。

ケレン作業とその役割

ケレン作業はサビや旧塗膜を取り除く作業で、重要なステップです。費用は状況により異なります。

ケレン作業は、高圧洗浄で落としきれなかったサビや旧塗膜を、ワイヤーブラシやサンドペーパーなどで研磨する作業です。ケレン作業を行うことで、新しい塗料がしっかりと密着し、塗装の耐久性を高めることができます。

ケレン作業は、特にトタン屋根や金属屋根など、サビが発生しやすい屋根材の場合に重要です。サビを放置すると、腐食が進行し、屋根の寿命が短くなってしまいます。

ケレン作業は、時間と手間のかかる作業ですが、塗装の品質を高めるために非常に重要な作業です。

屋根塗装をお得にする方法

複数の業者から見積りを取る

相見積もりをとることで、費用が適正価格かどうかをチェックしましょう。

複数の業者から見積もりを取ることで、それぞれの業者の価格や施工内容を比較することができます。相見積もりを取ることで、適正な価格で施工してくれる業者を見つけることができます。

見積もりを取る際には、以下の点に注意しましょう。

* 塗料の種類や品質
* 施工内容
* 足場代
* その他費用
* 保証期間
* 支払い方法

見積書の内容をしっかりと確認し、不明な点は業者に質問しましょう。

屋根塗装と外壁塗装を一緒に行う

一緒に行うことで費用が割引されるケースもあります。ご検討ください。

屋根塗装と外壁塗装を同時に施工する場合、足場代や諸経費をまとめて計算できるため、費用が割引になる場合があります。

また、屋根と外壁を同時に塗装することで、外観の統一感を出すことができます。

屋根塗装と外壁塗装を同時に施工する場合は、業者に相談して、見積もりを取りましょう。

リフォーム支援制度を活用

地方自治体のリフォーム支援制度を利用すると、費用を大幅に抑えることが可能です。

地方自治体によっては、リフォーム支援制度が設けられており、屋根塗装の費用の一部を補助してくれる場合があります。

リフォーム支援制度を利用することで、費用を大幅に抑えることができます。

ご自身の地域でどのようなリフォーム支援制度があるのか、自治体に問い合わせてみましょう。

まとめ

屋根塗装の費用相場や費用が変動する要因、作業工程について詳しく解説しました。適正な費用で安心して施工を依頼するための参考にしてください。

屋根塗装は、高額な費用がかかるため、事前にしっかりと情報収集を行い、業者選びを慎重に行うことが重要です。

複数の業者から見積もりを取り、それぞれの業者の価格や施工内容を比較検討しましょう。また、施工内容や保証期間なども確認し、納得のいく業者を選びましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次