無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁塗装の日数はどれくらいかかる?具体的な工程と期間を徹底解説

外壁塗装を計画中の方にとって、工事にかかる日数や期間の把握は重要です。本記事では、外壁塗装にかかる具体的な日数や各工程の流れについて詳しく解説します。効率的なスケジューリングとともに、工事をスムーズに進めるためのポイントもご紹介します。

目次

外壁塗装にかかる一般的な期間

戸建て住宅の場合

多くの戸建て住宅では、外壁塗装工事にかかる期間は概ね2週間程度です。ただし、天候や工事の規模によっては延びることもあります。例えば、築年数が長く、外壁の劣化が激しい場合は、補修作業に時間がかかるため、工期が長引く可能性があります。また、塗装する面積が広い場合も、作業時間が増えるため、期間が延びる可能性があります。

アパートの場合

アパートの外壁塗装に必要な期間は、一般的に2〜3週間かかります。こちらも物件の規模や状況によって変動します。例えば、高層マンションなど規模が大きい物件の場合、足場の設置や撤去に時間がかかるため、工期が長くなる傾向があります。また、外壁の素材や塗装の種類によっても、乾燥時間や作業工程が異なるため、工期に影響を与える可能性があります。

外壁塗装の詳細な工程と所要日数

工程1:近隣への挨拶と工事準備

工事を始める前に、近隣住民への挨拶や必要な準備を行います。この工程は通常1日で完了します。近隣住民への挨拶は、工事中の騒音や埃などによる迷惑を最小限に抑えるため、事前にしっかりと行うことが重要です。また、工事準備には、作業に必要な資材や工具の搬入、作業エリアの確保などが含まれます。

工程2:仮設足場の設置と飛散防止シートの張り

安全に作業を行うために、仮設足場の設置と飛散防止シート(ネット)の張りを行います。こちらも1〜2日かかります。仮設足場は、高所での作業を行う際に、作業員の安全を確保するために設置されます。飛散防止シートは、塗装作業中に発生する塗料の飛散を防ぎ、近隣への被害を防止するために設置されます。

工程3:高圧洗浄

外壁の汚れや古い塗膜を除去するために高圧洗浄を行います。この作業には1日かかります。高圧洗浄は、外壁に付着した汚れや古い塗膜を落とすことで、新しい塗料がしっかりと密着し、塗装の耐久性を高める効果があります。

工程4:下地処理と養生

塗装前に下地処理や養生を行います。これには2〜3日程度かかることがあります。下地処理は、外壁のひび割れや凹凸を補修し、塗装の仕上がりが綺麗になるように行います。養生は、塗装以外の部分を塗料から保護するために、マスキングテープやビニールシートなどを用いて行います。

工程5:塗装作業

下塗り

下塗りは塗料の密着性を高めるために欠かせない工程です。この作業には1日かかります。下塗りは、外壁と上塗りの塗料の密着性を高め、塗膜の耐久性を向上させる役割を果たします。

中塗り・上塗り

中塗りと上塗りは、それぞれ1日ずつ、合計で2日かかります。中塗りは、下塗りの上に塗ることで、外壁の表面を均一にし、上塗りの仕上がりが綺麗になるように行います。上塗りは、外壁の最終的な色や質感をつける工程です。

工程6:点検と見直し

塗装作業が完了したら、仕上がりを点検し、必要に応じて見直しを行います。この工程は1日で済みます。点検では、塗料のムラや剥がれ、ひび割れなどがないかを確認します。必要に応じて、補修作業を行うこともあります。

工程7:片付けと足場の解体

最終的に、足場を解体し、現場の片付けを行います。この作業には1日が必要です。足場の解体作業は、安全に配慮して行う必要があります。また、現場の片付けでは、ゴミの回収や清掃などを行い、元の状態に戻します。

外壁塗装工事の日数を短縮する方法

作業員や職人の数を増やす

作業員や職人の数を増やすことで、同時に複数の作業を進行でき、工期を短縮できます。例えば、高圧洗浄と下地処理を同時に行うなど、作業の効率化を図ることができます。ただし、作業員が増えることで、現場が狭くなる場合もあるため、安全に配慮する必要があります。

適切なシーズンに工事を行う

塗料が乾きやすい春や秋に工事を行うことで、工期を短縮できます。雨季や冬季は避けるべきです。春や秋は、気温が高く湿度が低いため、塗料が早く乾き、工期を短縮できます。雨季や冬季は、気温が低く湿度が高いため、塗料が乾きにくく、工期が延びる可能性があります。

効率的な作業スケジューリング

工程を重ねて実施するなど効率的なスケジューリングを行うことで、作業時間を削減できます。例えば、高圧洗浄と下地処理を同時に行うなど、工程を効率的に進めることで、工期を短縮できます。また、作業員の休憩時間や移動時間を最小限にすることで、作業時間を有効活用できます。

外壁塗装の日数が延びる要因

天候の影響

雨や台風などの悪天候は、塗料が乾かないため工事を一時中断する必要が生じます。特に、雨天時は、塗料が乾かないだけでなく、外壁が濡れているため、塗装作業を行うことができません。そのため、天候に左右されやすく、工期が延びる可能性があります。

乾燥時間が長い塗料の使用

使用する塗料によっては、乾燥時間が長くなり工期が延びることがあります。例えば、シリコン系塗料やフッ素系塗料は、アクリル系塗料に比べて乾燥時間が長いため、工期が延びる可能性があります。

外壁の劣化状態

外壁の劣化状態がひどい場合、補修作業に時間がかかり、工期が長引くことがあります。例えば、ひび割れや剥がれが酷い場合は、補修作業に時間がかかるため、工期が延びる可能性があります。また、外壁の素材によっては、補修作業が難しい場合もあり、工期が長引く可能性があります。

まとめ:外壁塗装の期間をスムーズに進めるためには

外壁塗装の工程を理解し、適切な時期と手順で進行することが、スムーズで効率的な塗装工事の鍵です。信頼できる業者と綿密に計画を立て、工事を進めましょう。外壁塗装は、建物の耐久性を保つために重要な工事です。適切な時期に、信頼できる業者に依頼することで、安心して工事を進めることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次