無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁塗装の見積もりの基本知識とは?

外壁塗装の見積もりは家のリフォームにおいて重要な一部です。しかし、その基本知識がないと適正な価格を判断することは難しいですし場合によっては不必要な費用を支払うことにもなりかねません。この記事では、外壁塗装の見積もりについての基本知識を詳しく解説します。見積もりの重要性から始め、基本的な知識、見積もりの取り方、比較方法まで解説します。これを読むことで、あなたは外壁塗装の見積もりの取り扱いに自信を持つことができるでしょう。豊富な情報を活用して最適な外壁塗装業者を見つけ価格を抑えつつ高品質な工事で家の価値を高める手助けをすることが目指しています。外壁塗装見積もりの基本知識を身につけて良い塗装業者と巡り合えると幸いです。

目次

見積もりの重要性

外壁塗装は家の美観を保つだけでなく建物自体を風雨から守る重要な役割を果たします。そのため、外壁塗装の品質は家の耐久性に直結し、その品質を決定する重要な要素の一つが見積もりです。見積もりは、塗装作業の詳細なプランや費用を明示する大事な書類でありこれにより施工業者がどのような工事を行うのかが可視化され結果的には質の高い塗装を適正な価格で受けることができます。しかし、見積もりの取り方やその解釈、比較方法を理解していなければ適切な見積もりを取得できず、高品質な外壁塗装を実現できない可能性があります。この記事では、外壁塗装見積もりの基本知識から、その取り方、比較方法までを詳しく解説してします。また、適切な見積もりがなぜ重要なのか、その理由と具体的なメリットも紹介します。

外壁塗装リフォームの目的とは

外壁塗装の目的とは何でしょうか。外壁塗装は一見すると建物の美観を保つためだけのものに思われがちですが実はその役割はもっと広範で多様です。まず、外壁塗装は建物を自然の厳しい環境から守る重要な役割を担っています。風雨や日射し、気温の変化などから建物を保護し、建物の劣化を防ぐための盾となっています。また、外壁塗装によって建物の断熱性能を向上させ、エネルギー消費を抑える効果も期待できます。さらに、外壁塗装は建物の価値を維持し、長期的に見て資産価値を保つための重要な手段でもあります。このように、外壁塗装の目的は多岐にわたり、単に外観を美しく保つだけではなく、建物を守り、快適な生活環境を提供し、経済的な価値をもたらす役割を果たしています。それぞれの目的を理解し適切な外壁塗装を選ぶことで、住まいや建物を長持ちさせ快適な生活を維持することが可能となるのです。

見積もりが成功の鍵となる理由

外壁塗装の見積もりは計画の最初の段階であると同時に工事をお行う上では重要視されます。なぜなら、見積もりは工事全体の費用、工事内容、どの部分を工事するのかなど外壁塗装工事を理解するための基盤となるからです。外壁塗装工事に必要な要素は全て見積もりに反映されるといっても過言ではありません。これらの要素が見積もりに正確に反映されていれば外壁塗装は見積書通りに進行し結果的には予算内で高品質な工事を完了することが出来ます。

一方、見積もりが不適切であった場合、予算超過や品質の低下といった問題に直面する可能性があります。また、見積もりが曖昧であったり必要な詳細が省略されていたりすると予期せぬ問題が発生した際に対応が難しくなります。これらの問題を避けるためには、見積もりの正確性と詳細さが非常に重要となります。
見積もりはまた、異なる業者間での比較の基準ともなります。同じ作業内容であっても見積もり費用が大きく異なる場合、それは業者の価格設定や品質への取り組みが異なるためです。このような比較を通じて、自分の予算や要求に最も適した塗装業者を選ぶことが可能となります。
以上から、外壁塗装の見積もりは、塗装工事の成功を左右する重要な要素であることがお分かりいただけるでしょう。次の章では、見積もりの基本知識について詳しく説明します。

戸建て住宅における外壁塗装工事の見積もりの基本知識

戸建て住宅の外壁塗装の見積もりが必要なときその基本的な知識を理解しておくことは非常に重要です。この章では、外壁塗装見積もりの基本的な要素とそれがどのように計算されるかについて詳しく説明します。

外壁塗装の見積もり書の注意点

外壁塗装の見積もり書は専門用語ばかりで内容がよくわからなくて金額だけみて判断してしまうケースが多いと思います。ですが、金額だけで見てしまうと悪徳業者に外壁塗装を依頼することになりかねません。
ここでは良い見積もりと悪い見積もりの例を詳しく解説します。

塗料メーカーと商品名が明確に記載してある

見積もりの塗装工事の項目に使用する塗料の商品名とメーカーがしっかり記載されているか確認しましょう。また、ウレタン塗料とだけ記載されている場合も注意が必要です。同じウレタン塗料でも塗料メーカーによっても品質や金額が異なります。

外壁塗装の面積が記載されている

外壁塗装は塗装を施工する面積(㎡)で費用がきまります。なので見積もり書には正しい塗装面積が記載されている事が重要になります。また、業者によっては塗装面積を坪で表記してくる工事店もあるようですが坪数はあくまで延床面積の単位ですので塗装面積とは別になります。見積もり書に坪数が表記されていたら注意しましょう。

見積もり書に一式と表記してある

見積もり書に〇〇工事一式と表記されている場合も注意が必要です。なぜなら一式表記だと明確にどこからどこまでの範囲なのか、一式に何が含まれているのかがわからないからです。ですが一式表記を全否定するわけではありません。場合によっては一式表記が有効な局面も有ります。一式の内容が記載されていれば問題ないとは思いますがそのような文言も記載されていなければ業者に事前に確認した方がよいでしょう。

外壁塗装が3工程になっているか

外壁塗装は特殊な工法でない限り外壁の下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本になります。3回塗りを行うことで塗膜の厚みを確保する事ができて塗料本来の効果が発揮できるようになります。見積もり書に記載されている塗装工事の工程数が不透明な場合は担当者に確認をした方が良いでしょう。例外として多彩吹きやクリアー塗装などは2回塗りの場合もあります。

見積りの項目ごとの見方

外壁塗装工事の見積もりは工事の内容を項目ごとに理解することが大切です。しかし、見積もりの項目はリフォームの専門的な用語が多く理解が難しいと感じる方も少なくありません。項目ごとの見方を理解出来れば見積もりを見たときに何が含まれているのかどの部分が高いのかどの部分で節約できるのかが明確になります。そこで、ここでは見積もりの項目ごとの見方について解説していきます。

足場仮設

「足場仮設」は、外壁塗装工事の見積もりにおいて重要な要素です。外壁塗装工事は高所で行う作業であるため安全に作業を進めるためには適切な足場の設置が必須となります。そのため、見積もりの中には「足場代」が含まれることが一般的です。しかしながら、足場の設置費用は物件の大きさや形状、周囲の環境などにより大きく異なるため見積もりを取る際はこの点をしっかりと確認することが必要です。

メッシュシート

メッシュシートは外壁塗装作業時に使用される保護シートの一種で周囲への塗料飛散や粉じんやホコリを防ぐためのものです。基本的には足場の数量と同じになります。

外壁高圧洗浄

外壁塗装工事の見積もりにおいて欠かせないのが”高圧洗浄”の工程です。これは、塗装前に壁面の汚れや旧塗膜を落とすための重要なで作業です。外壁や屋根の塗装工事の見積もりの中に必ず含まれているべき項目です。しかし、この高圧洗浄の料金設定は業者によって大きく異なるため見積もりを比較する際には特に注意が必要です。また、高圧洗浄は塗装の品質にも直接影響を及ぼすためその方法や機材についても理解しておくことが重要です。具体的には、どの程度の圧力で洗浄するのか詳細な情報を塗装業者から聞いておくとよいでしょう。

外壁下塗り

外壁下塗りは塗装の品質と長持ちするための重要な工程で適切な下塗りがなされているかどうかを確認することで工事の品質を判断することができます。見積もりに下塗りの項目が明記されているか、そのうえで使用する塗料メーカー名と商品名が記載されていると尚良いでしょう。

外壁上塗り

外壁上塗りは外壁下塗り次に塗布する仕上げの作業になります。下塗りと同様でどのような塗料が使用されるのか具体的に明記してあるとよいでしょう。

屋根高圧洗浄

外壁の高圧洗浄と同様で塗装前に必ず行う作業です。屋根高圧洗浄は屋根塗装工事の前に行う重要な作業の一つで塗装の品質を大きく左右します。屋根の汚れや旧塗膜を高圧の水流で洗い流すことで新たな塗装がきちんと密着し長持ちすることを可能にします。また、高圧洗浄により屋根の表面の状態を確認し補修が必要な箇所を見つけることもできます。この工程は、外壁塗装の耐用年数や美観に大きく影響するため見積もりの際には高圧洗浄の項目や費用もしっかりと確認しましょう。

屋根下塗り

屋根下塗りとは屋根塗装工事の初期段階で行われる作業の一つで高圧洗浄後に屋根に最初の塗装する作業になります。これは、屋根材と上塗りとなる塗料が屋根面にしっかりと密着するための下地作りとなる重要な工程であり屋根の耐久性や仕上がりの美しさに大きく影響します。外壁同様に使用する塗料と量が明確化されているとよいでしょう。

屋根上塗り

屋根下塗り後に行う仕上げの工程。コチラも使用材料や量も記載されているとよいでしょう。

タスペーサー

いわゆるコロニアルという屋根材においてタスペーサーは使用されます。新設時はコロニアルとコロニアルの間に隙間がありその隙間から雨水を排水する仕組みになっています。ですが屋根塗装を行うとその隙間が塗料によって塞がってしまいます。排水が出来なくなってしまうと雨水が溜まりがちになり最悪の場合湿気により屋根材が腐ります。このような事を防ぐためタスペーサーを隙間に挿入してあげて排水口を確保します。

軒樋塗装

軒樋は屋根から雨水を適切に排水するための重要な建材でありこれが劣化すると家全体の耐久性に影響を及ぼす可能性があります。軒樋塗装は軒樋の保護と長寿命化を目的として行われます。また、軒樋塗装の見積もりは、使用する塗料の種類や塗装面積、軒樋の形状や状態により変動します。

竪樋塗装

竪樋とは軒樋から雨水を地上へと導く役割を持つパーツです。竪樋塗装の費用は、使用する塗料の種類や竪樋の形状、長さ等により変動します。

土台水切り

土台水切りとは家の基礎部分を雨水から守るための重要な部分で外壁塗装工事の際は塗り替えるケースがほとんどです。土台水切りは金属で作られている事例が多いのでケレン(下記で説明します)、さび止め塗料、上塗り2回が通常の仕様になるでしょう。

ケレンとは

ケレンとは塗装前に塗装面にペーパーなどで表面に傷をつけて塗装の密着をよくしたり既存の塗膜を取り除いて新たに塗装する準備をするためのものです。ケレンには大きく分けて「手ケレン」と「機械ケレン」の二種類があり、それぞれ作業時間や仕上がりの品質、費用が異なります。とくに明記がない場合は手ケレンと考えてよいでしょう。

各項目の費用相場がどれくらいなのかを把握する。

外壁塗装業者に見積もりをお願いしたが見積もり金額が安いのか高いのかわからない人のために価格の目安を解説します。

30坪の場合の各項目の費用相場

工事内容単価30坪の場合の数量【概算】費用【概算】
足場仮設1000175㎡175000
飛散防止メッシュシート200175㎡35000
高圧洗浄200120㎡24000
外壁塗装【下塗り、中塗り、上塗り】 シリコン樹脂塗料2000115㎡230000
コーキング打ち替え900100m90000
コーキング増し打ち700100m70000
軒天塗装90020㎡18000
屋根塗装【下塗り、中塗り、上塗り】 シリコン樹脂塗料200070㎡14000
雨樋塗装【竪樋、軒樋】100035m35000
雨戸塗装300012枚36000


信頼できる外壁塗装業者の選び方

外壁塗装の見積りを取る際には信頼できる業者の選び方が欠かせません。業者選びが適切でなければ見積り価格が不透明だったり後で追加料金が発生したりする可能性があります。ここでは、信頼できる塗装業者の特徴について簡単にまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

インターネットや近隣の口コミで判断する

まず、業者選びの基本としてはその業者の評判やネットでの口コミをチェックすることが重要です。インターネットの口コミサイトやSNSでその業者についての評価を調べてみましょう。また、知り合いや近所の人々にもその業者についての評判を尋ねてみると良いでしょう。

見積もりの内容が適正

次に、業者が適正な見積もりを出す能力があるかどうかを確認します。これは、専門的な知識や経験を持っているかなどを確認することで判断できます。具体的には業者がどのくらいの期間で仕事を終えることができるか使用する塗料や工法についての説明が適切であるかなどを確認しましょう。
また、信頼できる業者は見積もりの詳細を明確に説明してくれます。作業工程や使用材料、料金の内訳など、見積もりについて詳しく説明してくれる業者を選ぶべきです。このような業者はお客様を大切にし透明性を重視する傾向があります。

外壁診断を時間をかけて丁寧に行う業者

外壁塗装のお見積もりを作成するには外壁の面積や既存外壁材や外壁の状態などを調査する必要があります。このような情報を把握するために外壁診断を必ず行います。外壁の面積を適当に測ったり屋根の調査もロクに行わないような塗装業者には注意しましょう。

外壁診断の調査報告書を作成できる業者

外壁診断後に劣化部分や屋根の調査写真などを交えた報告書を制作、提示できるような業者を選びましょう。ここで注意したいのは業者は口頭でのみ説明して書面では一切報告書などを提出しない業者です。

外壁診断の結果を基に見積もり書が作成されているか

外壁診断の結果を基に見積もり書が作られている事も良い業者の特徴になります。例えば、外壁の診断結果で外壁のクラックが多くみられる場合には見積もり書に別途でクラック補修の項目が積算されているなど劣化状況へのアプローチが明確化されているような見積もり書を作成する業者は信頼性が高いでしょう。

正確な見積もりを得るための注意点

外壁塗装の見積りを取る際にはいくつかの注意点があります。まず、自宅の外壁の現状を詳しく把握することが大切です。塗装面積、壁の素材や塗装の状態、補修が必要な箇所があるかどうかなど具体的な情報を集めておくことでより精度の高い見積もりを得られます。
また、どのような塗装を希望するかも明確にしておきましょう。耐久性や仕上がりの美しさを重視するか、コストを抑えたいかなどあなた自身のニーズに合わせて塗装方法や塗料を選ぶことができます。具体的な希望を持っている方が業者とのミーティング時にスムーズに話が進みます。
さらに、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。それぞれの業者がどのようなサービスを提供しているか、費用はどの程度か、という情報を集めることで、自分に最適な業者を選びやすくなります。業者選びにおいては、信頼性や実績も重要なポイントです。口コミや評判をチェックすると良いでしょう。これらの準備を行うことで、外壁塗装の見積もりを正確にそして自分の希望に合った形で取ることが可能となります。

外壁塗装業者の見積もり費用比較方法

外壁塗装の見積りを比較する際には、価格だけでなく内容の詳細さや安全対策、保証内容も重要なポイントとなります。各業者が提案する塗料の種類や塗装工法、施工期間、アフターサービスの有無などを確認し、その上でコストパフォーマンスを検討することが求められます。また、全体の費用が高くても細部まで丁寧に仕事をしてくれる業者を選んだ方が結果的には経済的なメリットがあります。外壁塗装は一見同じに見えても、実はその品質には大きな差があります。見積もり内容の比較を怠ると、後で大きなトラブルにつながることもあるので注意が必要です。一方、見積もりをしっかりと比較すれば適切な価格で高品質な外壁塗装を実現することが可能になります。この章では、外壁塗装見積もりを比較する際のポイントと、それぞれの要素をどのように評価すべきかについて詳しく解説します。

複数の業者から相見積りをとり価格の相場を把握する。

複数の業者から見積もりを取得することをおすすめします。相見積もりを行うことにより外壁塗装の価格相場を把握し各業者が提案するプランの価格差を確認することができます。

価格だけじゃない。見積り内容の比較項目

外壁塗装の見積りを比較する際、いくつかの重要な項目を考慮することが求められます。まず考慮すべきは、見積りの価格です。しかし、単に最安値を選ぶだけではなく内容を詳しく比較することが重要です。具体的には、使用する塗料の種類や品質、塗装の面積、工事期間、保証内容などが挙げられます。塗料の種類や品質は耐久性や塗装の性能に大きな影響を与えます。同じ外壁塗装でも使用する塗料によっては価格が大きく変動することもあります。また、塗装の面積は塗装する箇所の大きさや外壁の素材によって変わります。このため、同じ面積でも作業の難易度により価格が変わることもあります。また、アフターサービスについても塗装後のメンテナンスやトラブル対応が保証に含まれているかどうかを確認することが重要です。これらの項目を比較し自分のニーズに最も適した外壁塗装業者を選ぶことが見積もりの比較における鍵となります。
次に、同じ作業内容でも見積りが大きく異なる業者がいた場合はその理由を明確に尋ねることも大切です。例えば、ある業者が高いと感じる場合はその業者は他の業者よりも高品質な塗料を使用している可能性があります。逆に、安い業者は効率的な作業を行うことでコストを抑えているかもしれません。しかし、それが品質の犠牲になっていないかが注意点になります。

まとめ

この記事では、外壁塗装の見積りについて詳しく解説しました。その重要性から始め、基本知識、正確な見積もりを得るための注意点、そして比較方法まで、広範にわたる情報を提供しました。外壁塗装の見積もりは、住宅のリフォームにおける重要な一歩であり、適切な知識と理解があれば、費用を節約し、品質の高いサービスを選択することが可能になります。

また、各業者からの見積もりを比較することは、最適な選択をするための重要なステップです。それぞれの見積もりがどのような内容を含んでいるのか、それらがどのように価格に反映されているのかを理解することで、あなた自身のニーズに最も適したサービスを選ぶことができます。

この記事を通じて、外壁塗装の見積もりについての基本的な知識と理解を深め、効果的な見積もりの取り方と比較方法を身に付けることができたことでしょう。これらの情報が、あなたが適切な外壁塗装業者を選択し、長期的に家を保護するための助けとなることを願っています。これからも住宅メンテナンスに関する様々な情報を提供していくので、ぜひ引き続きご覧ください。

外壁塗装見積もりの基本知識とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次