無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

外壁カバー工法とは?費用や工事の詳細とメリット・デメリットを徹底解説

外壁のカバー工法(重ね張り工法)は、既存の外壁の上から新しい外壁材を重ねて張る方法です。この方法を利用することで、コストを抑えつつ、外観の美しさや断熱性能を向上させることができます。本記事では、外壁カバー工法の基本知識、費用、工事の詳細、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

目次

外壁カバー工法の基本知識

外壁カバー工法とは?

外壁カバー工法は、既存の外壁の上に新しい外壁材を重ねて張る工事方法です。この方法により、建物の断熱性・防音性を向上させることができます。また、工期が比較的短く、コストも抑えられるのが特徴です。

主要な外壁材の種類

外壁カバー工法で使われる代表的な外壁材には、金属サイディング、樹脂サイディング、窯業サイディングなどがあります。それぞれの特徴と選び方について解説します。

金属サイディングは、耐久性が高く、メンテナンスがしやすいのが特徴です。また、デザインも豊富で、モダンな外観にしたい場合に適しています。一方、価格はやや高めです。

樹脂サイディングは、軽量で、断熱性・防音性に優れているのが特徴です。また、木目調など、自然な素材感を表現できるものもあります。価格も比較的安価です。

窯業サイディングは、金属サイディングや樹脂サイディングに比べて、価格が安価なのが特徴です。また、デザインも豊富で、さまざまな住宅に合わせることができます。ただし、耐久性はやや劣ります。

外壁材を選ぶ際には、建物の構造やデザイン、予算などを考慮して、最適なものを選びましょう。

施工の流れと工程

外壁カバー工法の施工工程は、以下の通りです。①既存外壁の点検・補修、②仮設足場の組立、③土台水切りの設置、④胴縁の設置、⑤新しい外壁材の取り付け、⑥防水処理、⑦最終確認と引き渡し。

①既存外壁の点検・補修
まずは、既存の外壁の状態を詳しく点検します。ひび割れや剥がれなど、劣化している箇所があれば、補修を行います。

②仮設足場の組立
安全に工事を進めるために、仮設足場を組立ます。足場の設置場所や高さは、建物の構造や工事内容によって異なります。

③土台水切りの設置
外壁と土台の間には、水切りを設置します。水切りは、雨水が外壁に侵入するのを防ぐ役割を果たします。

④胴縁の設置
新しい外壁材を取り付けるための土台となる胴縁を設置します。胴縁は、木材や金属製のものがあります。

⑤新しい外壁材の取り付け
胴縁に新しい外壁材を取り付けます。外壁材の種類によって、取り付け方法が異なります。

⑥防水処理
外壁材と外壁の隙間を防水処理します。防水処理には、シーリング材や防水シートなどを使用します。

⑦最終確認と引き渡し
すべての工程が完了したら、最終確認を行い、問題なければ、お客様に引き渡しを行います。

工事期間の目安

外壁カバー工法の工事期間は、一般的に2週間から1ヶ月ほどかかりますが、建物の状態や規模によっても異なります。正確な期間は事前に施工業者と確認しましょう。

建物の状態や規模によって、工事期間は大きく変わります。例えば、築年数が古い建物や、外壁の劣化が激しい建物は、補修に時間がかかるため、工事期間が長くなる可能性があります。また、建物の規模が大きいほど、工事期間も長くなります。

工事期間は、施工業者によって異なる場合もあります。複数の業者から見積もりを取り、工事期間を比較検討しましょう。

外壁カバー工法のメリット

低コストでリフォームが可能

外壁カバー工法は、既存の外壁を撤去する必要がないため、撤去費用や廃棄費用を節約できます。そのため、他の外壁リフォーム方法と比べてコストを抑えることができます。

外壁を撤去する必要がないため、工期も短縮できます。また、廃棄物も少なく、環境への負荷も軽減できます。

断熱性・防音性の向上

新しい外壁材を重ねることで、断熱性や防音性が向上します。特に、断熱材を一体化した外壁材を使用することで、室内の温度を快適に保つことができます。

断熱性が高まると、冷暖房効率が向上し、光熱費の節約につながります。また、防音性が高まると、外部からの騒音を軽減し、静かな室内環境を実現できます。

工期が短い

既存の外壁を残したまま施工できるため、工期が短く済みます。一般的には2週間から1ヶ月程度で完成することが多いです。

工期が短いということは、生活への影響が少なく、リフォーム中のストレスを軽減できるということです。また、短期間でリフォームが完了するため、早く新しい外壁で生活を始められます。

アスベスト問題を回避

既存の外壁にアスベストが含まれていても、撤去せずに新しい外壁を重ねることで、アスベスト問題を回避することができます。

アスベストは、健康に悪影響を及ぼす可能性のある物質です。アスベストを含む外壁を撤去する場合は、専門業者に依頼し、適切な処理を行う必要があります。外壁カバー工法であれば、アスベストの撤去費用や処理費用を削減できます。

外壁カバー工法のデメリット

建物の重量増加による耐震性低下

新しい外壁材を重ねるため、建物の総重量が増加します。これにより、耐震性が多少低下する可能性があります。

耐震性を考慮して、適切な外壁材を選び、施工を行う必要があります。また、必要に応じて、耐震補強工事を行うことも検討しましょう。

内部結露のリスク

適切な施工を行わなければ、内部結露が発生するリスクがあります。断熱材や防水シートの選定・施工に注意が必要です。

内部結露は、建物の寿命を縮めたり、カビやダニの発生原因になったりする可能性があります。内部結露を防ぐためには、断熱材や防水シートを適切に選定し、施工することが重要です。

外壁下地の修繕不可

外壁カバー工法では、既存の外壁を残したまま施工するため、外壁の下地に問題があっても修繕ができません。

外壁の下地に問題がある場合は、外壁カバー工法ではなく、外壁を撤去して下地を修繕する必要があります。

次回のリフォームが高額に

外壁を重ねることで、次回リフォーム時の撤去費用が増加し、総費用が高くなる可能性があります。

次回のリフォームを考慮して、外壁カバー工法を採用するかどうかを判断する必要があります。

外壁カバー工法の費用相場

標準的な費用相場

外壁カバー工法の費用相場は、一般的に100万円から250万円程度です。使用する外壁材や建物の規模、工事の内容によって変動します。

外壁カバー工法の費用は、使用する外壁材の種類、建物の規模、工事の内容によって大きく異なります。例えば、高価な外壁材を使用したり、建物の規模が大きい場合は、費用が高くなります。また、既存の外壁の劣化が激しい場合は、補修費用が追加で発生する可能性があります。

費用の内訳と詳細

外壁カバー工法の費用は、主に材料費、施工費、仮設足場費用などから構成されます。それぞれの内訳と詳細な費用について説明します。

材料費
材料費は、使用する外壁材、断熱材、防水シートなどの費用です。外壁材の種類によって、価格が大きく異なります。

施工費
施工費は、外壁材の取り付け、防水処理、足場組立などの費用です。施工業者の技術力や経験によって、価格が異なります。

仮設足場費用
仮設足場費用は、足場の組立・解体費用です。建物の規模や構造によって、費用が異なります。

その他費用
その他費用には、設計費、処分費、諸経費などが含まれます。

リフォーム事例の紹介

金属系サイディングを使った事例

金属系サイディングを使用したリフォーム事例を紹介します。築20年の住宅を新しい金属サイディングでカバーし、外観を一新しました。

この事例では、経年劣化で色あせてしまった既存の外壁を、モダンなデザインの金属サイディングで覆いました。金属サイディングは、耐久性が高く、メンテナンスがしやすいのが特徴です。また、デザインも豊富で、さまざまな住宅に合わせることができます。

リフォーム後、住宅はスタイリッシュな外観になり、周辺環境にも調和するようになりました。

タイル調サイディングでのリフォーム

タイル調のサイディングを使ったリフォーム事例です。モダンなデザインで、家全体の印象が大きく変わりました。

この事例では、既存の外壁を、タイル調のサイディングで覆いました。タイル調のサイディングは、高級感があり、上品な印象を与えます。また、汚れに強く、メンテナンスがしやすいのも特徴です。

リフォーム後、住宅はスタイリッシュで洗練された外観になり、周囲の視線を惹きつけます。

窯業サイディングによる外壁カバー

窯業サイディングを使ったリフォーム事例を紹介します。断熱材を一体化した窯業サイディングを使用し、断熱性能も向上しました。

この事例では、既存の外壁を、断熱材を一体化した窯業サイディングで覆いました。断熱材を一体化した窯業サイディングは、断熱性が高く、室内の温度を快適に保つことができます。また、価格も比較的安価です。

リフォーム後、住宅は断熱性能が向上し、冬は暖かく、夏は涼しい快適な住空間になりました。

まとめ

外壁カバー工法は、コストを抑えつつ建物の外観を一新し、断熱性・防音性を高めることができる有効なリフォーム方法です。ただし、耐震性の低下や内部結露のリスクもあるため、適切な施工業者を選び、事前に十分な計画を立てることが重要です。

外壁カバー工法を検討する際には、メリットとデメリットを理解し、自分の住宅に適したリフォーム方法かどうかを判断しましょう。また、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次