無料現地調査、御見積り、お電話やメールでのご相談やお問合せはコチラをクリック

マンションの屋上防水工事を徹底解説!工法、施工手順、費用など詳しく紹介

マンションの屋上防水工事は、建物の寿命を延ばし、入居者の安心・安全を守るために欠かせないメンテナンスです。本記事では、屋上防水工事の必要性、工法の種類、施工手順、費用相場、および信頼できる業者の選び方について詳しく解説します。防水工事を検討中のマンションオーナーや管理者の方に必見の情報をお届けします。

目次

マンションの屋上防水工事の必要性

防水工事が必要な理由

マンションの屋上は風雨にさらされ、長年経過すると防水層が劣化します。これにより雨水が内部に浸透し、建物の構造にダメージを与える可能性があります。防水工事を行うことにより、このような被害を防ぐことができます。

防水層の劣化サイン

防水層がひび割れていたり、膨れが見られる場合は、防水層が劣化しているサインです。このようなサインを見逃さないことが重要です。

防水工事のタイミング

防水工事は、定期的な点検を行い、防水層の状態を確認することで最適なタイミングで行うことが重要です。一般的には10年から15年が目安とされています。

マンション屋上防水工事の種類

塗膜防水

塗膜防水は、液体の防水材を塗布することにより、防水層を形成する工法です。主にウレタン防水やFRP防水が使用されます。ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂を塗布して防水層を形成する工法です。柔軟性に優れ、ひび割れに強いのが特徴です。FRP防水は、ガラス繊維強化プラスチックを用いた防水工法です。強度が高く、耐久性に優れているため、長寿命な防水層を形成できます。

シート防水

シート防水は、防水シートを敷設する方法で、高い防水性能を持っています。素材には塩化ビニルやポリオレフィンが用いられます。塩化ビニルシート防水は、安価で施工が容易なため、一般的に多く使用されています。ポリオレフィンシート防水は、耐候性や耐久性に優れ、長寿命な防水層を形成できます。

アスファルト防水

アスファルト防水は、アスファルトを使用して防水層を形成する方法で、耐久性に優れています。棒状のアスファルトを溶かして塗布します。アスファルト防水は、古くから使用されている伝統的な工法で、耐久性が高く、経済的なのが特徴です。ただし、施工が複雑で、専門的な技術が必要となります。

防水工事の施工手順

下地調整

防水工事の第一段階は、下地の調整です。これには、古い防水層の撤去や修繕、表面の清掃などが含まれます。古い防水層が劣化している場合は、完全に撤去する必要があります。また、ひび割れや凹凸がある場合は、補修を行い、平滑な状態にします。下地調整をしっかりと行うことで、防水層の密着性を高め、耐久性を向上させることができます。

プライマー塗布

次に、プライマーを塗布して下地との密着性を高めます。これにより、防水層の剥離を防ぐことができます。プライマーは、下地と防水層の接着剤のような役割を果たします。プライマーを塗布することで、防水層が下地にしっかりと密着し、剥がれにくくなります。

主剤塗布

防水層の主材を塗布し、必要に応じて複数層に重ねます。これにより耐水性を確保します。主材は、防水工事の種類によって異なります。例えば、塗膜防水の場合は、ウレタン樹脂やFRP樹脂などを塗布します。シート防水の場合は、防水シートを敷設します。主材を複数層に重ねることで、防水層の強度を高め、雨水の浸透を防ぎます。

トップコート塗布

最後に保護層となるトップコートを塗布して、耐久性を向上させます。トップコートは紫外線や摩耗から防水層を守ります。トップコートは、防水層の表面を保護し、紫外線や雨水、風などの外的要因から防水層を守ります。トップコートの種類によって、耐久性や外観が異なります。

防水工事の費用相場

費用の内訳

防水工事の費用は、工法、面積、地域により異なります。主な費用項目には、材料費、施工費、廃材処理費などがあります。材料費は、使用する防水材の種類や量によって異なります。施工費は、工法の難易度や作業時間によって異なります。廃材処理費は、撤去した古い防水層の処理費用です。

塗膜防水の費用

塗膜防水は比較的安価で、1平方メートルあたり3,000円〜8,000円程度が相場です。ただし、工法や使用する材料によって価格は変動します。ウレタン防水は、1平方メートルあたり3,000円〜5,000円程度が相場です。FRP防水は、1平方メートルあたり5,000円〜8,000円程度が相場です。

シート防水の費用

シート防水は、1平方メートルあたり5,000円〜12,000円程度が一般的です。設置の手間やシートの種類により、価格が変わることがあります。塩化ビニルシート防水は、1平方メートルあたり5,000円〜8,000円程度が相場です。ポリオレフィンシート防水は、1平方メートルあたり8,000円〜12,000円程度が相場です。

信頼できる業者の選び方

実績が豊富な業者

防水工事を依頼する際には、過去の実績が豊富な業者を選ぶことが重要です。施工事例を確認し、業者の実力を評価しましょう。実績が豊富な業者は、多くの防水工事経験があり、様々な状況に対応できるノウハウを持っています。施工事例を確認することで、業者の技術力や施工品質を判断することができます。

見積もりが明確な業者

見積もり内容が詳細で明確な業者を選びましょう。不明点がある場合は、事前に確認しておくことが大切です。見積もり内容が明確な業者は、誠実で信頼できる業者と言えるでしょう。不明点がある場合は、事前に質問し、納得いくまで説明を求めましょう。

保証とアフターサービス

防水工事は、施工後の保証とアフターサービスが重要です。長期の保証が付いている業者を選ぶと安心です。保証期間が長いほど、施工後の安心感が高まります。また、アフターサービスが充実している業者を選ぶことで、万が一、問題が発生した場合でも、迅速に対応してもらえます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次